明治以後の寿司の歴史は

明治以後の寿司の歴史は

屋台の寿司は江戸時代に大きな人気を得ましたが、しかし、明治から大正時代に全国的に広がっていきました。明治時代というと、文明開化があり、それによって、西洋文化がいろいろと入ってきて、洋食が日本にもたらされました。

 

しかし、それでも寿司は人気であったのですが、大正時代には関東大震災が起き、それによって、随分と寿司においては大きな変化が見られたとのことです。それは震災の影響によって、江戸、東京にいた寿司職人が、江戸、東京を離れるようになり、他の地域に移り住んだりして、その結果、多くの地域に寿司が広まり、食べられるようになったことです。

 

ここで、寿司は、全国に広まっていったのですが、地域ごとの名産品や旬のものを寿司のネタとして使われるようにもなりました。新鮮な寿司は、地方でも人気になったのですが、第一次世界大戦から第二次世界大戦の間は、寿司店を営む人も、随分と増えたとのことです。この期間は食糧難でしたが、しかし、寿司は多く作られていたようです。その後、高度成長期になると、屋台は、禁止されたので、店舗の寿司店が多くなりました。これは衛生上の理由で、屋対が禁止されたとのことです。

 

東京の結婚相談所 30代・40代の方にもおすすめの婚活パーティー・お見合い|東京 新宿・世田谷のブライダルオアシス
結婚相談所でゴールインしたワタシの体験談。