お寿司を食べる時はカウンターで

お寿司を食べる時はカウンターで

お寿司屋さんにいっても、カウンターよりも、テーブル席や座敷を選んでしまうこともあります。お寿司屋さんのカウンタ―に座ってお寿司を食べる時には、どういう風に料理を頼めばいいのか分からないことがあり、まるでこちらがどういう客か見られているような感じもして、少し緊張してしまって、カウンターに座らないことがありますね。

 

しかし、カウンターが空いている時には、やはり、カウンターに座るのが良いようです。あまり知識がなくても、ネタケースの中にあるものを見たり聞いたりしながら、いろいろと注文すると、美味しいお寿司を食べることができます。

 

こういうお寿司屋にいってお寿司を食べる時には、どうしてもお金の方も気になるものです。どのくらいのお勘定になるかは、ついついびくびくしてしまいますが、そういう時には、始めに、お店の人に自分の予算を言って、それでお任せすれば、その予算にあったものを出してもらう事ができます。これなら、予算をオ―バ―するということもないですね。きっと板前さんも、予算に見合った範囲内でおいしいものを握ってくれます。