巻きものと海苔

巻きものと海苔

江戸前の寿司というのは、浅草海苔と江戸前ネタの組み合わせで作られていました。江戸前でとれた寿司ネタはもちろんのこと、海苔も最高級品のものが使われて、それが多くの人に食べられていたとのことです。しかし、かつて使われていた浅草海苔はすでに絶命していて、現在では使われておらず、スサビノリというものが使われています。

 

このスサビノリというものが主に使われているのですが、乾燥した焼き海苔がシート状になって売られていて、これが巻きものに使われています。海苔は普通のお料理でも使われていて、青のりなんかもよく使われますね。寿司の中でも、海苔巻きのような巻物は、どちらかというと、にぎりの脇役というようなことにもなってしまっています。

 

お寿司では、一番食べられるのは握りであるので、やっぱり寿司はにぎりが主役という感じがします。そして巻きものは、どちらかというと、シメであることが多いですね。巻きものはお腹にもたまるのですが、海苔で包むものであるので、醤油につけても崩れにくくて食べやすく、いつまでも美味しく食べられます。