江戸時代に作られた寿司

江戸時代に作られた寿司

江戸時代というと、長く続いた戦乱の後の平和な時代ですが、工業、商業が発達しました。そして、政治、文化の中心が江戸に移りました。そこから、庶民も食を楽しむ様になってきたのですが、江戸というのは、豊富な魚介類が獲られる地でもあるので、江戸で獲れた業界類を利用した江戸前寿司というものが作られるようになっていきました。17世紀になると、現代の寿司と同じようなものが作られるようになったのですが、これは酢を用いられたものです。その前には、酒粕、酒に加えて、近年、人気になっている塩麹が使われて、ナマナレ寿司の発酵を早めていました。

 

こうした発酵技術を使わずに、すぐに食べられるようになったのは、酢が作られるようになり、早寿司と言うものが作られるようになったからです。寿司の他には、天ぷらやそばも、屋台文化として生まれたのですが、こうしたことがあり、いつしか寿司は、江戸の人達に愛されて、市民権を得るようになりました。

 

特に寿司は屋台というもので作られていたのですが、江戸っ子気質には手っとり早く食べられる屋対はかなり好まれて、人気であったようです。