江戸時代にすで確立されていた事

江戸時代にすで確立されていた事

屋台から生まれた寿司は、様々なものが江戸時代に確立されました。薬味はもちろん、寿司で使われる醤油、ガリや海苔、具や飾り、さらに笹の飾りやわさび、玉子なども、江戸時代の屋台の頃にすでに使われていて、それが現代にも伝わっています。

 

しかし、獲れたての魚は、新鮮で活きはいいものの、その分、生臭さや食べ辛さもあったので、それを消す為に、醤油やわさび、ガリなどを利用して、魚の生臭さを消したり、口の中をさっぱりとさせていました。そして、醤油はしゃりよりも、ネタにつけた方が、ご飯が崩れずに済みます。江戸時代からすでに生の魚を美味しく食べる方法は、存在していたということになりますね。現代だと、寿司や刺身を食べやすいように、大葉やシソを使って、その薬味を使う場合もあります。

 

かつては現代のように冷蔵庫もなく保存できない寿司ネタもあったのですが、すぐに寿司にできないものは、焼くか捨てるかをしていました。なので、何よりもとれたての新鮮な魚介類を使うという風にするしか他に手がなく、とにかく新鮮なものをネタにするしかなかったとのことです。