寿司に欠かせない寿司シャリ

寿司に欠かせない寿司シャリ

すし飯の作り方は、家庭で手巻き寿司を作ったことがある人なら分かるでしょう。ご飯をたらいにいれて、そこに砂糖と塩、そして適量の酢をいれて、切るように混ぜていきます。ご飯をさましながら混ぜるといいでしょう。

 

でも混ぜすぎると、米がねばねばしてしまい、しゃりっとした仕上がりにならないので、ほどほどに頃合いを見計らって混ぜることがポイントです。また寿司シャリを作るときには、お米は硬めに炊く事も大事です。また、なぜこのお寿司でつかうご飯のことを寿司シャリって呼ぶのでしょうか。実はこれはお釈迦様の遺骨を表す、仏舎利が由来なのです。お骨というのは白くて、しかも細かいですよね。

 

それがこの白米、お寿司のご飯が似ているということでシャリと呼ぶようになったようです。有り難いお釈迦様のお骨であるシャリ。これからも感謝していただくことにしましょう。お寿司はシャリの美味しさがなくては成り立ちませんから、基本のシャリ作りはなによりも大事です。