寿司の数え方の由来

寿司の数え方の由来

お寿司は二つずつ出てきます。寿司の場合は一貫、二貫と数えるのですが、なぜ、二貫と言うのでしょうか。なぜ、そういう風に呼ぶようになったのかは良くわからないのですが、これは江戸時代まで寿司の歴史を見て行くとわかるようです。

 

まず、この貫という呼び方は、由来が諸説あって、当時使われていた、一文銭50枚一組のことを一貫と呼び、そおれがにぎり寿司と同じくらいだったということで、そう言われるようになったということと、巻物の一巻、二巻という呼び方から来た、という説とに分かれています。それが現代でも呼ばれているのですが、当時は、洒落やごろ合わせを好んでいたので、こういう呼び方になったようです。

 

そして、この鍵となるのが、江戸時代に寿司を始めたと言われる、華屋与兵衛です。華屋与兵衛は江戸で屋体を開いていましたが、最初は押し寿司を作っていました。そして、次第に、握り寿司も出すようになっていったのですが、作り初めの頃は、おにぎりのような大きな握り飯を、寿司で包丁で2つに切ってから、出していたそうです。

 

しかし、これだとどうしても手間暇がかかってしまうので、あらかじめ小さく握って、寿司を二貫づつ出すようにしました。これが現代でも続いています。