ナマナレ寿司とは

ナマナレ寿司とは

8世紀頃、中国から寿司は日本に伝わりましたが、稲作文化と一緒に九州に伝わってきたのではなかと言われています。これは中国の長江あたりから伝わってきたということなのですが、魚の漬け物は平安時代には、諸国からの貢ぎ物として存在していたようです。

 

しかし、関東にはこの製法が伝わっておらず、近畿、中部、九州北部、四国北部に多くなっています。この頃の鮨は、現代のものとは大きく異なっていて、魚を漬け込んだあとは、漬け込んだ米は食べずに捨てていました。そして、なれ寿司、ホンナレと呼ばれていました。その後、15世紀になると、魚の発酵を軽くして、一緒に漬け込んだご飯も食べる事もされるようになりました。これをナマナレ寿司と言います。

 

すぐに食べることができるといのが、ナマナレ寿司ですが、これは発酵の時間が短い為です。お米も無駄にしないで済むので、多く食べられるようになったのではないかと言われています。滋賀県の鮒寿司はホンナレ寿司ということで、そこ他にも、ホンナレ寿司は郷土料理として、多くの地域で様々な製法が残っています。

 

釣り 食べる 東京
居酒屋オヤジの釣行記