寿司の高級化

寿司の高級化

寿司が店舗として店構えするようになったのは、寿司が屋台で売られるのが禁止されるようになってから始まったことであるのですが、これが高度成長期のことです。そして、寿司は店舗を持つことで、次第に高級化していきます。現代でも、寿司は何かあった時に出前をとったりして食べられるように、おめでたい日に食べるようになっていきました、

 

そして、家でも手巻き寿司を作るようになったり、また、お土産として、サラリーマンが家に持って帰るようにもなりました。徐々に高級化していったのがわかるのですが、さらに、寿司にとって大きな変化は、回転寿しチェーンができたことです。もちろん、回転寿司に加えて、寿司のチェーン店の影響も大きいのですが、こうしたお店の登場で、持ち帰りのできる寿司が作られるようになって、安い値段でお腹一杯食べられるようなファーストフードとして、寿司が食べられるになりました。

 

スーパーやデパートの地下でも惣菜コーナーで、寿司は売られるようになっていて、自分の好きなものを気軽に購入することができるようになっています。

 

横浜の葬儀ならここ
お葬式は友引にはしませんがお通夜は