お寿司のなぜ?を紐解く1

お寿司のなぜ?を紐解く1

お寿司は一貫、二貫と数えますよね。この数え方とか、なぜにぎり寿司は二貫ずつでてくるのか、疑問に思ったことはありませんか。そのなぜを紐解くには、江戸時代まで遡る必要があります。江戸時代に寿司を始めたのは、江戸時代、東京本所で屋台を開いた、華屋与兵衛といわれています。

 

最初は押し寿司を作っていましたが、そのうち、握り寿司も出すようになりました。でも、最初のうちは、握り飯がおにぎりのように大きく、握り寿司を包丁で2つに切って出していたといいます。それが手間がかかるので、最初から小さく握り、寿司は二貫づつ出す様になったといいます。また、一貫、二貫という呼び方は、巻物の一巻、二巻から来た、と言う説と、当時一文銭50枚一組を一貫と呼んでおり、その大きさが寿司のにぎり寿司と同じくらいだったので、この呼び方が取られるようになったという説があります。

 

江戸では、語呂合わせや洒落を好んでいたので、こうした一風変わった呼び名になったのでしょう。それがいまの時代まで受け継がれています。